2008年09月14日

出産育児一時金を3万円引き上げ、無過失補償制度に。

出産一時金3万円上げ=産科補償制度スタートで−厚労省

 厚生労働省は12日、出産時に妊産婦に対し公的医療保険から支払われる「出産育児一時金」を35万円から38万円に3万円引き上げる方針を決めた。

 分娩時の事故で赤ちゃんが脳性まひとなった場合に、医師の過失に関係なく3000万円を補償する無過失補償制度が来年1月からスタートするのを踏まえた措置。社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会に提示し、同部会は大筋で了承した。



 いよいよですね。

 まあこの制度が良いのか悪いのかは難しいところですけどね。国民皆保険制度みたいに、「痛み分け」をするわけですから。脳性まひという、出産を行うにあたって当然出現するリスクを、誰のせいにもせずに、3000万払うという大胆な制度です。

関連
医学処:我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
医学処:産科医療補償制度、来年元旦に生まれた子供から対象に。


広告
posted by さじ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。