2008年09月10日

長時間パソコンを使う女性は自律神経失調症状が出やすい

長時間パソコン…むくみ、冷え性

 パソコンを使う時間が長い女性ほど足のむくみや冷え症、肉体疲労など自律神経に関係する体の不調が表れやすいことが、花王(東京都中央区)がインターネットを通じて行ったアンケートで分かった。

 調査は2007年11月、20〜59歳の女性を対象に行い、OLを中心に2万1425人が回答。1日あたりのパソコンの使用時間を「1・5時間未満」「7時間以上」など4グループに分けた上で、16種類の症状から1年間に経験したものを選んでもらい、関係を調べた。

 その結果、パソコンを使っていると、約8割が「肩こり」を訴え、「首のこり」「目の疲れ」「足の疲れ」も、それぞれ半数を超えた。

 さらに「1・5時間未満」と「7時間以上」で比較すると、「生理痛」と「足のむくみ」を経験した人の割合は、使用時間が長い方が1・5倍多かった。「便秘」「冷え症」「鼻づまり」でも、同様の傾向があった。



 座り続けることって、近代に入るまではなかなかありませんからね。生物学的にも不自然なスタイルなのでは。

 できるだけこまめに休憩をとったり、運動することでいくらか解消できると思います。要するに循環が悪くなるために起こるので、例えばエレベーターを使わないとか、そういうこまめな運動が効くんじゃないでしょうか。

関連
医学処:座りすぎは喫煙と同じくらい身体に悪い。
医学処:ジャンクフードならぬ、ジャンクスリープが悪影響を及ぼす。
医学処:新しい現代病、その名も「パソコン指腱鞘炎」


広告
posted by さじ at 22:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
私も長時間パソコンを使う仕事をしています。
足もむくむし肩もこる
自律神経のせいだったんですね。
参考になりました。
Posted by 白髪を防ぐ努力中のさやか at 2009年04月07日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。