2008年09月09日

2ヶ月で13回も通院したのに癌を見落とされたとして訴訟。

「医師のがん見逃しで死亡」 遺族が盛岡地裁に損賠提訴

 盛岡市の女性が適切な治療を受けられないままがんで死亡したのは、医師の見逃しで発見が遅れたためとして、夫ら3人が26日までに、同市内の診療所と担当医に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を盛岡地裁に起こした。

 訴状によると、女性は昨年3月から右腹などに違和感を訴え、診療所に通院。約2カ月の間に13回、担当医の診断を受けたが、医師は「精神的なものからくるのではないか」と説明、ほかの病気を疑うことなく整腸剤を処方し続けた。

 ところが昨年5月7日、別の病院で診察を受けると、結腸がんであることが判明。手遅れの状態で、11月19日に死亡した。

 診療所側は「岩手医師会に対応を付託しているため、コメントできない」としている。



 開業医に必要な能力の1つとして、全身を診る力と、異常を見落とさない力があります。

 2ヶ月に13回も来院していれば尋常でないとして他の検査を行うと思うんですけれど、この医師は何の検査もせず整腸剤だけ出し続けたんですかね?それはちょっと考えにくいか。

 腹部単純X線写真を撮っていて、見落としていたとしたら、医師側の落ち度ですね。画像という証拠があれば、医療ミス確定ですから。

関連
医学処:強盗傷害罪の男、服役中の健康診断で肺癌を見落とされる?
医学処:がん健診で見落とされ進行胃癌で死亡した男性の遺族が訴え
医学処:胃癌の診断が主治医に伝わらず、胃潰瘍の治療を続けられる
医学処:がんの発見の遅れを医療ミスとして1000万円を払う。


広告
posted by さじ at 04:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントにちょっと引っかかったので質問ですが

、腹部単純写真で、結腸癌がわかるのでしょうか?
Posted by とおりすがり at 2012年07月04日 17:16
横スレですが、腹部単純レントゲンでは
分かりません。
分かるくらいならよっぽど進んでいるとか、
嘔吐するくらいの腸閉塞になっているか、
どちらかだと思われます。
Posted by at 2012年07月04日 17:20
内視鏡検査を行えば高率で発見できていたでしょう。消化管の疾患を疑わなかった?ことが止むを得ないケースではなさそうですけどね。
Posted by at 2012年07月04日 18:35
何も調べずに。精神的なものとして、精神科に紹介する内科医がいる。
信用してたら大変だ。
Posted by せいしんか? at 2012年07月04日 21:31
知識もないのに医療ミス確定とか書かない方がいいですよ。
Posted by at 2012年07月04日 23:04
「知識もない・・」とコメした方のほうが知識がないと思われます。
Posted by おっと at 2012年07月05日 01:15
『「知識もない・・」とコメした方のほうが知識がないと思われます。』と書いている人自身がまた「知識がない」とコメントしている。
Posted by at 2012年07月05日 12:21
マァ普通だったら大腸カメラぐらいやっとくわな。
レントゲンで分からないからつってほっといたのが問題。
Posted by   at 2012年07月09日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。