2008年08月31日

盲導犬と触れ合う体験イベントを行う。

盲導犬と歩いたよ 横浜で体験イベント

 親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。

 視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。



 盲導犬の存在を知り、どういう意義があるのかを知ることで、広く認知されるでしょう。昔から盲導犬はいますけれど、実際に見る機会は少ないのでは。

 あ、実際に「任務中」の盲導犬には触ってはいけません。例えば電車の中で伏せている犬がいても「かわいいー」と手を出してはいけません。彼らは任務をこなすのに一生懸命なんです。

関連
医学処:視覚障害者と一緒にジョギングしてみませんか?
医学処:優秀な盲導犬をつくるため、精巣や卵巣を凍結保存する。
医学処: 盲導犬に対する理解を深めよう


広告
posted by さじ at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。