2008年08月31日

75例目の脳死判定。心肺肝腎膵を移植へ。

75例目の脳死判定 臓器移植へ

 国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)にくも膜下出血で入院中の40代男性が29日、臓器移植法に基づく脳死と判定された。30日午後から臓器の摘出が始まる予定。97年の法施行後、75例目の脳死判定で、臓器移植としては74例目。

 日本臓器移植ネットワークによると、心臓は国立循環器病センター(大阪府吹田市)で40代男性、両肺が岡山大で10代女性、肝臓が大阪大で50代男性、腎臓は東京女子医大の30代男性、もう片方の腎臓と膵臓は広島大で40代女性に移植される見通し。



 今回は関西多いですね。1つ1つの臓器が、1人1人の命を助けることになるのでしょう。

 法改正後11年目となる今回で、75例目。

関連
医学処:40代の男性がドナーになり、脳死移植55例目を実施。
医学処:60例目の脳死臓器移植へ。
医学処:67例目の脳死移植。7人に臓器を移植する。


広告
posted by さじ at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。