2008年08月31日

補助人工心臓を管理する「人工心臓管理技術士」の資格

人工心臓の管理に資格 学会が創設へ「埋め込み型」普及で

 日本人工臓器学会など3学会は、重い心臓病患者の体内に埋め込まれた補助人工心臓のメンテナンスなどを行う新たな資格「人工心臓管理技術士(仮称)」を創設することで合意した。

 早ければ来年、研修を受けた臨床工学技士や看護師らを資格認定する。

 日本では心臓移植が伸び悩み、補助人工心臓を装着する患者が増えている。従来の補助人工心臓は、冷蔵庫のような大型装置で入院が必要だったが、近年、血液を送り出すポンプの小型化で、埋め込み型の補助人工心臓が普及。自宅で過ごすことも可能になり、許俊鋭・東京大特任教授によると、将来は年間500人が新たに埋め込み型補助人工心臓を装着すると見られる。

 そのため、装置の管理を行う人材が必要となり、同学会と日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会で、人工心臓管理技術士を育成することにした。有資格者は、人工心肺装置などの経験を持つ臨床工学技士や看護師らを想定。在宅管理に移行する患者や家族に装置の取り扱いを指導したりする



 もはや日本で心臓移植を期待するのは難しいかもしれませんね。死生観の違いというのもあるでしょうけれど、脳死臓器移植もなかなか数が伸びませんし、臓器を提供するということに関して否定的(無関心?)な国民性もありますし。


広告
posted by さじ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。