2008年08月23日

認知症に効果のあるドールセラピーについて知ろう。

人形と接する「ドールセラピー」、認知症に効果 

 赤ちゃんの人形を抱くことで豊かな感情をよみがえらせる療法「ドールセラピー」を認知症高齢者に実施したところ、落ち着いたり、会話が増えたりする効果が表れることが兵庫医療大(神戸市)講師の平木尚美さん(41)らの調査で分かった。育児体験を想起するなどし、感情が刺激されるとみられる。二十一日午後二-三時、同市中央区の神戸国際会議場で開かれる「日本看護研究学会学術集会」内で発表する。

 平木さんのほか、太成学院大(大阪府堺市)の助手、板東正己さん(51)ら五人が昨年七-九月、グループホームなど三カ所で認知症高齢者十一人に調査した。人形を渡したときの様子をビデオカメラで撮影。「人形に話しかける」など六百五十八件の反応を分析した。

 最も多かったのは「人形を見つめる」(九十五件)行動。ほかに「服や靴下を着せる、脱がせる」(五十九件)という人形を擬人化した行動のほか「スタッフに話しかける」(五十五件)など他者との交流が促された例も目立った。「人形から視線をそらす」「抱こうとしない」などもあったが、割合は少なかった。

 三年前からドールセラピーを取り入れている大阪府守口市のグループホーム「はるか」では、徘徊していた人が落ち着いたり、寝付きが悪かった人が寝やすくなったりしたという。おむつを替えようとするなど人形を擬人化している場合は「世話をする役割ができ、生き生きする」という。

 「人形を本物の赤ちゃんだと思いこんでいる人、人形だと分かって接している人、その中間などさまざまだが、過去の記憶や『かわいい』『いとおしい』という感情が刺激されることは間違いない」と平木さんは話す。

 さらに「高齢化がますます進む中、職員とお年寄りのコミュニケーションを増やすツールとしても有効」と指摘し、普及を呼び掛ける。



 へぇぇ。育児の記憶でしょうか。育児ってそれほど大きいウエイトを占めているんですねぇ。

 高性能な人形与えたらどうなるんでしょう?それともこういう単純なほうが効果的?

関連
医学処:働き盛りの若年性認知症患者を、地域で支える。
医学処:寝たきりの高齢者に効果的な、うつぶせ療法について。
医学処:水素水を飲むと記憶力の低下を抑制でき認知症予防に。


広告
posted by さじ at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。