2008年08月22日

医学の嗚咽4

818 名前:ちち 投稿日:2001/07/27(金) 11:07
5歳の長男が自閉症です。満足に言葉もしゃべれない・・・。

俺はこの子は諦めていた。
口で言っても解らないんだよ。
躾以前の問題だ。
療育センター、TEACHいろいろやったけどあまり変化がなくて・・・。

なんか育てるのが辛くなってきて。

叩いて躾けるしかないって。愛情もあるのかないのか・・。
反動か、2歳になる愛想のいい次男を可愛がってばかりいた。
話し掛けるとニコニコ可愛い。
いっつも俺の後についてきて・・・。
散歩もこの子とばかり・・・。

ちょっと前のこと・・・。

長男を風呂にいれた日のこと。
いつもの様に長男は石鹸で遊んでた。
体を洗おうとしてもまるで反応なし。
口笛(?)を吹きながらシャカシャカ石鹸を泡立ててる。
俺は内心うんざりしながら子供の体を洗ってやった。
洗いおわって、子供を湯船にいれた。
一息ついて自分の髪を洗っていると・・・。
子供が背中をさすっているんだよ!
手を石鹸で泡立たせて。手だけで。初めてだよ。
なんで?自分の体も洗えないのになんで?
驚いたけど・・・。なんでか涙がでたよ。
この子にしか見られてなかったけど、
シャワーで涙をかくしたよ・・・。

その日、次男のほうは妻に風呂にいれてもらった。
なんで俺の背中を流してくれたんだろう?
ほんの気まぐれなのか?解らないけど・・・。

ほんのちょっぴり、この子の親になって良かった。


関連:医学の嗚咽3


広告
posted by さじ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。