2008年08月22日

親知らずからiPS細胞を作ることに成功する。

「親知らず」から万能細胞 産総研チームが成功

 抜歯した「親知らず」に含まれる細胞から、新型万能細胞「iPS細胞」をつくることに成功したと、産業技術総合研究所の大串始主幹研究員らのチームが21日、東京都内で開かれたシンポジウムで発表した。

 iPS細胞はこれまで、主に皮膚からつくられていた。親知らずは通常、抜歯後に捨てられてしまうため、より入手しやすい上、今回iPS細胞づくりに使われた細胞は長期保存も可能。再生医療の研究や、将来の臨床応用の可能性を広げる成果として注目される。

 チームが使ったのは、10歳の女児が歯科医で抜いた親知らずから取り出した「間葉系幹細胞」という未分化な細胞。数年間凍結保存してあったのを解凍し、iPS細胞を最初につくった山中伸弥・京都大教授が皮膚に組み込んだ4種類の遺伝子のうち、がん遺伝子を除く3遺伝子を導入したところ、iPS細胞ができたという。



 もうどこからでも作り出せるんじゃないかというくらいです。そのうち当たり前のように親知らずや乳歯を保存するようになるのかもしれませんね。勿体なくて屋根の上やら縁の下やらに投げ込めなくなってきました。笑

関連
医学処:重い虫歯を、神経を抜かずに治療する新技術を開発
医学処:乳歯から幹細胞を取り出す「乳歯幹細胞研究バンク」
医学処:乳歯を利用したヒトの近親者間の骨の再生医療


広告
posted by さじ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。