2008年08月14日

蛾は鱗粉を使って超音波を出し求愛行動をする

ガ:雄の羽こすり 超音波で「求愛」…東大などが発見

 雄のガが雌に求愛するときに超音波を出して交信していることを、東京大や森林総合研究所(茨城県つくば市)などが発見した。他の雄や天敵のコウモリなどに聞かれて邪魔されないよう微弱で、交尾の成功率も上げていた。耳元でラブソングを歌うような行為で、ガの生態に迫る成果として注目される。12日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 人には聞こえない微弱な超音波を出すアワノメイガ(体長約1センチ)を調べた。雄にだけ羽と胸部の一部に特殊な形態の鱗粉があり、これをこすり合わせて超音波を発生させ、鱗粉の下の膜で音を増幅していることが分かった。また、雌が雄の超音波を聞きとれるのは約3センチ以内で、超音波を出している雄が交尾を促すと、雌は約90%の高い確率で受け入れた。

 一方、超音波を出せないようにした雄の求愛には雌が拒否反応を示し、交尾成功率は約65%に下がったが、超音波を再現した合成音を聞かせると、雌は再び高い確率で交尾を受け入れた。他の数種のガもパターンは異なるが、超音波による交信が確認できたという。

 アワノメイガは日本やアジアなどに生息し、トウモロコシの害虫として知られている。

 森林総研の高梨琢磨主任研究員は「超音波をうまく使えば害虫対策に応用できるのではないか」と話す。



 ヒエェェェェ・・・

 リンプン使って、しかも下の腹まで使って・・・超音波出してたとは・・・。

 生き物の神秘だけど、苦手です。笑


広告
posted by さじ at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。