2008年08月02日

数学力に男女差は存在しないことが明らかに。

「女性は数学苦手」は俗説 全国試験解析で米研究者

 全米の小、中、高校生を対象に実施された数学の試験の成績を解析したところ、男女差はなかったとの結果を米ウィスコンシン大の研究チームが25日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは「女性は数学の能力に劣るとの固定観念が親や教師にあるが、認識を改めないといけない」と指摘している。

 チームによると、2002年以降に義務化された全米一斉試験で、日本では小学校2年生から高校2年生に相当する児童・生徒約700万人分の数学の成績を10州から入手し解析。その結果、女性が勝っている学年の方が多かったが、男女差は極めて小さく、統計上有意な差はなかった。

 男性の方がばらつきが大きい傾向にあったが、トップレベルの成績についても男女差は認められなかった。



 高校生までの数学は、公文をやるのが一番だと思います。

関連
医学処:背の高い人は、知性も高いという研究が発表される。
医学処:人差し指より薬指が長い子どもは、数学能力が高い。
医学処:寝すぎても、成績が下がることが判明する。


広告
posted by さじ at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。