2008年07月14日

ヤコブ病患者の手術で使った器具を通常消毒で再利用してしまう。

ヤコブ病手術器具通常消毒で再利用 国内3病院

 国内3病院が、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)患者の手術で使った器具を、特別な消毒をしないまま、ほかの患者計55人の手術にも利用していたことが9日、厚生労働省の調べで分かった。

 CJD患者の手術はそれぞれ2001、02、06年に行われており、同じ器具で手術を受けた患者のうち存命中の45人が二次感染していないか、各病院が追跡調査をしている。

 厚労省は「通常の消毒だけでは、CJDの原因とされる異常プリオンが残存する可能性を否定できない」と判断しており、03年以降、CJD患者の手術後に器具を特別な方法で消毒するよう求めている。

 ただ、今回の3病院のケースで、最初の患者がCJDだったと判明したのは、いずれも器具を二次使用した後だった

 同様の報告は昨年までに計5件あり、患者40人が経過観察の対象になっているが、現時点で二次感染の報告はない。



 器具を二次使用した後だったか〜、これは仕方ない、のかな…。

 患者全員、ヤコブ病か調べるわけにはいかんでしょうしね。脳波検査や髄液検査をやるってわけにも。。。難しいところです。他の病院はどういう対応をしていたんでしょうか。

関連
医学処:BSEやクロイツフェルト・ヤコブ病の異常プリオンを激減させる物質を合成
医学処:変異型ヤコブ病で2人が死亡する。


広告
posted by さじ at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。