2008年07月13日

臨床研修後に大学病院へ戻ってくる新人医師はわずか56%。

臨床研修後、新人医の大学Uターンが56%

 大学卒業後、民間病院などで2年間の臨床研修を終え、大学病院に戻った新人医師は56%にとどまることが、「全国医学部長病院長会議」(会長=小川彰・岩手医科大学長)の調査で分かった。

 地域格差も顕著で、同会議は「地域医療は崩壊の危機にあり、国は早急に臨床研修制度を見直してほしい」としている。

 調査は、医学部を持つ全国80大学を対象に調査を実施。今春、大学病院に戻ったのは55・9%。新臨床研修制度(2004年導入)が初めて適用された06年の50・6%に比べ5ポイント増加したが、制度導入前の02年(71・4%)には遠く及ばず、研究もこなす大学病院を敬遠し、民間病院を選ぶ傾向が続いていることが分かった。

 大学に戻る率が高いのは関東地方の82・3%で、逆に低いのは、四国28・7%、東北32・7%、中部39・1%、中国39・7%で、地域格差も目立った。診療科別では、夜間の呼び出しなどがあり、激務で訴訟リスクも高い外科や脳外科、小児科などを避ける傾向が見られた。



 まぁねぇ。難しい問題ですけどね。医療のレベル的にも環境的にも魅力がないようなところに、研修医終わったばかりの人を均等に配置しろといわれても。不均等が生じてしまっているのは、病院における医者数と全医師数のバランスを、国がしっかり見定めることが出来なかったから、だと思います。そのくせ医者を無茶な労働力としてこき使ってたら、そりゃみんな大学に残りませんわ。

 「出来るやつは希望のところへ、出来ないやつはそれなりのところ」というルールを定めれば全体のモチベーションも上がりますし少しは解決するかもしれませんが、それでも「どこの病院も空前の人手不足」なことを考えると、成り立ちませんよね。はっきりいってどうしようもない状況です。

関連
医学処:研修医と病院を橋渡しする機関を構築。
医学処:医学部の定員を増加させる方針へ転換するのが遅すぎる。


広告
posted by さじ at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。