2008年07月10日

医学ちょっといい話3

120 名前: ヤコン(青森県) 投稿日:2008/07/10(木) 23:17:12.31 ID:tz+NaAyn0

大きな病院に通院していました。

ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。

『入院して二ヶ月 直らない もうだめだ』

そして二週間後
(その落書きの事はすっかり忘れていたのですが)、またそのトイレに入りました。

…ドア裏は落書きでいっぱいいっぱいになっていました。
『頑張れ』
『ガンガレ』
『必ず良くなるぜい!』等々。

しかもその後、トイレはペンキ塗り直しされて、他のドアは新しい色になったのですが
なぜか、そのドアだけは塗り直されずに落書きがそのままでした。


関連
医学処:医学ちょっといい話
医学処:医学ちょっといい話2


広告
posted by さじ at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
2ちゃんねる 「生活」→「入院生活」スレにも、
似たような“ちょっといい話”がありますねぇ。
Posted by 馬小屋 at 2008年07月11日 10:09
医療従事者は気軽に頑張れと言うわけにはいきませんから、
患者さん達の間でこういう活動が起こるのは良いですね。

ただ例えば鬱病の方がこの落書きを見ても大丈夫なのかな、と少し気になってしまいましたが。
Posted by 露凡々 at 2008年07月11日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。