2008年07月08日

くも膜下出血の見落とし率は6.7%。頭痛が軽くCT実施せず。

初診、くも膜下出血6.7%見落とす CT実施せず

 くも膜下出血の患者のうち、脳神経外科医以外が初診した6・7%が風邪などと診断され、事実上、病気を見落とされていたことが7日、日本脳神経外科学会の調査で分かった。

 患者が軽い頭痛しか訴えなかったことなどから、くも膜下出血を発見できるCT(コンピューター断層撮影)を実施していなかった。同学会は「軽い頭痛の患者全員にCTを行うわけにはいかない。現代医療の限界とも言える」としている。

 同学会学術委員会の嘉山孝正・山形大教授らが、宮城県と山形県の2病院で、脳神経外科のカルテ全491例を調査した。

 宮城県は07年1月-08年5月が対象。198例中37例が脳神経外科医以外で初診を受け、うち10例(5・1%)が風邪、高血圧、片頭痛などと診断されてCTを受けず見落とされた。10例すべてが再発し2例が死亡した

 山形県は96-05年が対象。専門医以外の初診は293例中48例で、23例(7・8%)が見落とされ、すべてが再発し2例が死亡した。

 見落とし計33例のうち17例は、くも膜下出血の常識に反して発症時に軽い頭痛しか起きておらず、委員会は「専門医以外では他の頭痛と区別できない」と指摘。他の16例も「診断が難しい例がある」とした。山形県では脳神経外科医でも見落とした軽度頭痛の患者が1例あった。

 米国では5-12%の見落とし率という報告がある。嘉山教授は「くも膜下出血の診断は難しく、完ぺきな診断はできない。現代の医療でも見落としは不可避という現実を周知し、脳ドックの普及など社会全体で対策を考えるべきだと思う」と話している。



 くも膜下出血は、「今まで経験したことのないようなひどい頭痛」や「ハンマーでガツンと殴られたような激しい頭痛」を主訴にするのが「典型的」です。しかし当然、典型例に合わないような頭痛もあるわけです。軽い頭痛程度で、くも膜下出血を疑ってCTにかけたりは、よほど疑わない限りはしません。

 こればっかりは、現代医療の限界でしょうねぇ。見落とすな、というほうが無理です。

 いや、見落とさない方法は簡単で、頭痛の患者が来たら全員にCTを施行すればよい。でもそんなことは出来ない。出来ないでしょう?時間もなければ検査するための機械もそんなにないし、加えて医療費がとんでもないことになる。国民が「医者は無駄な検査を行って私腹を肥やしている」とか本気で思ってるこのご時世ですしね。それに頭痛といっても、圧倒的に、緊張性頭痛や片頭痛が多いわけですし。

 CT以外の別の方法で鑑別できるような検査法が発見されることを願うしかない、か。

関連
医学処:くも膜下出血の治療成績は、開頭手術も血管内治療も同等
医学処:脳血管疾患は北日本が高く、肝癌は西日本が高い。


広告
posted by さじ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。