2008年06月28日

若く見えるポイントはヘモグロビン、笑顔、表情筋

若く見えるポイント、ヘモグロビンに原因−資生堂が発表

 若く見えるポイントはヘモグロビン、笑顔、表情筋―。資生堂は26日、60代以降で、実年齢より老けて見えてしまう女性の皮膚の特徴を発表した。ヘモグロビン(Hb)の影響で血液が暗赤色になることと、筋肉の衰えから笑顔を上手に作りにくくなることが原因だと明らかにした。これらの症状改善につながる植物由来の成分も発見し、今後の商品開発に活用していく方針だ。

 資生堂スキンケア研究開発センターの研究成果。実際より上の年齢に見られる60―70代の女性130人を対象に、視感評価や機械的・化学的皮膚計測を行った。その結果、老けて見える人は、実年齢相応に見える人に比べ、肌の明るさや透明度が低いことが判明。血液中で酸素と結びついたHbの割合が少ないことが理由だと突き止めた。

 一方、表情についても調査。真顔より笑顔の方が若く見えることを明らかにした上で、表情筋と呼ばれる顔の筋肉が衰え、笑顔がうまくできなくなると分析した。



 老化という、生き物であれば誰にでも起こってしまう現象ですからねぇ。どうしても老けてみえるのは仕方ないことですけれど、努力次第で少しは緩和することができますからね。

 特に皮膚の色より、やはり表情。おだやかな笑顔があれば老いてなお美しく見えるものです。

関連
医学処:血液が薄すぎて献血ができないという女性が増加している


広告
posted by さじ at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。