2008年06月27日

忙しい母親はカフェインを過剰摂取する傾向にある。

忙しい米国の母親、カフェイン過剰摂取の傾向と

 米国人が1日に摂取するカフェイン量が年々増加傾向にあり、特に忙しい立場にある母親の65%が、一日を通じてカフェイン入りの飲料を飲んでいることが、米国の睡眠を考えるNPO、全米睡眠財団(NSF)の調査で明らかになった。専門家は、カフェインの取り過ぎは健康に害を及ぼすこともあるとして、注意を促している。

 米国ではここ数年、カフェイン量が多い栄養ドリンク剤の売り上げが急増し、1缶あたりカフェインが360ミリグラム入っている「ロックスター」が、2007年には前年比38.9%増の売り上げだった。また、世界各国で販売されている栄養ドリンク「レッドブル」も、19%増の売り上げだった。

 カフェイン量は通常のコーヒー、カップ1杯あたり、80─150ミリグラムが含まれている

 母親の立場にある女性は、仕事や家事、子供の世話なので非常に忙しく、元気を出すために栄養ドリンク剤を飲む傾向が強まっている。

 この傾向に、専門家が注意を呼び掛けている。カフェインの取り過ぎにより、片頭痛や胸焼け、消化管に害を及ぼすだけではなく、女性の場合は流産や早産を引き起こす要因にもなり得ると指摘。さらに、心臓や神経系にも影響する恐れがあるとしている。

 また、毎日の生活では、カフェインに頼らないでも元気がでるよう、睡眠のバランスをきちんととることが重要だとしている。

 成人の睡眠時間は、1日あたり7─8時間が適切で、カフェインの摂取量は1日で200ミリグラムが健康を損ねない量となっている。



 コーヒーの飲みすぎで調子が悪くなったことがある人は結構いると思いますが、1杯で100mgのカフェインをとると計算すると、2,3杯でもうカフェイン中毒的な症状は出現するんですよね。

 まぁカフェイン中毒で死ぬには100杯くらい飲まなきゃいけないらしいんで、死ぬこたーありませんが。笑

 しかし飲みすぎには注意しましょう。物質を摂取するより、睡眠によってゆとりを補うほうが大切です。

関連
医学処:妊婦がカフェインを多く摂ると流産の危険に
医学処:コーヒーの好みを客観的に算出する方程式


広告
posted by さじ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。