2008年06月26日

術後の血糖値の管理を怠って昏睡状態になる。

「血糖値の管理を怠り昏睡状態」と日赤を提訴 京都

 糖尿病患者の京都市西京区の女性(73)が腰の手術後に昏睡状態になったのは京都第一赤十字病院(京都市東山区)が血糖値の管理を怠ったのが原因として、女性と家族が23日、日本赤十字社などに約7200万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こした。

 訴状によると、女性は昨年1月、同病院で腰を手術後、「手足が震える」と訴えた。10日後に低血糖脳症で意識障害に陥り、現在も昏睡状態が続いている。

 原告側は「手術後に食事量が減っていたのに、担当医は血糖値を測定しないまま、血糖値を下げる薬の服用を続けるように指示した。初歩的なミス」と主張している。



 これは初歩的なミスの予感。

 ちょっとしたことで血糖値が変動する人の場合は、入念な管理が必要ですし、それに応じて薬も変えなければなりません。

関連
医学処:糖尿病についてのまとめ
医学処:研修医の指示ミスで低血糖患者にインスリンを投与する


広告
posted by さじ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。