2008年06月25日

【静岡】蜜柑の果汁が脳の老化を防止する。

ミカン果汁で脳の老化防止? 静岡県立大などマウス実験

 ミカン果汁が脳の老化防止に役立つ可能性があることが、静岡県立大や農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所によるマウス実験でわかった。日本基礎老化学会で発表した。県立大の海野けい子准教授(老化生化学)は「果汁の成分のどこに効果があるのかはこれからの研究課題になる。人で効果があるかも試したい」としている。

 老化が早い系統のマウス80匹を使った。20匹ずつ4グループに分け、3.8〜38%の3段階の濃度のミカン果汁で水分補給したものと、水で水分補給したものを1年間飼育。マウスが明るい箱から暗い箱に移動すると電気ショックを与える装置で実験し、移動を避けるようになるまでにかかる時間を計って学習能力を調べた。

 その結果、水で育てたマウスは、平均約千秒かかったが、ミカン果汁で育てたマウスは600〜700秒で、果汁濃度が高いほど学習時間が短かった。また、老化につながる大脳の酸化を示す値も3割ほど低かった



 果物シリーズにしてご当地名産シリーズ。

 前も書いたかもしれませんが、こういうのって、やはりご当地名産を活性化しようとどこかから依頼されるんですかね。静岡は緑茶とミカンで寿命も高いですから、実際効果はありそうですが。

関連
医学処:ミカンを食べると骨粗鬆症の予防になる
医学処:ハゲのための蜜柑ヘアトニック、厚生労働省にも認められる
医学処: 果物をたくさん食べれば脳卒中や心筋梗塞になりにくい


広告
posted by さじ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック