2008年06月22日

鳩山法相を死に神と表現した朝日新聞。

抗議:朝日コラムの「死に神」に1800件

 死刑執行の件数をめぐり、朝日新聞夕刊1面のコラム「素粒子」(18日)が、鳩山法相を「死に神」と表現した問題で、朝日新聞社に約1800件の抗議や意見が寄せられていたことが分かった。

 21日夕刊の素粒子では、「法相は職務を全うしているだけ」「死に神とはふざけすぎ」などの抗議が千件を超えて寄せられたことを明かした上で、「死刑執行の数の多さをチクリと刺したつもりです」と説明。「風刺コラムはつくづく難しいと思う」とし、「法相らを中傷する意図はまったくありません」「表現の方法や技量をもっと磨かねば」と、おわびとも取れる内容になっている。

 朝日新聞社広報部は、抗議数を回答したが、「(21日夕刊の素粒子などについて)特にコメントはありません」と話した。



 知能の低い人がつくっても、風刺にすらならないものなんですねぇ。

 もはや子供の悪口レベルの低俗な表現を載せるなんて、朝日新聞も「残念な全国新聞」ですね。メディアのレベルが下がったら国としてどうしようもないと思いますが。トホホって感じです。

関連
医学処:中国の死刑囚から摘出された臓器に日本人が群がる
医学処:死刑執行中に血管を探すのに手間取って、注射を何度も失敗する。


広告
posted by さじ at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。