2008年06月22日

日本人向けに開発したオリジナル快眠プログラム

睡眠改善学に基づいた快眠プログラムを全室に

 IHG・ANAホテルズグループ ジャパンは、日本人向けに開発したオリジナル快眠プログラム「Sleep Advantage(スリープ・アドバンテージ)」を、ANAクラウンプラザホテルの全室に導入した。今回プログラムを導入するのは、ANAクラウンプラザホテル千歳・金沢・富山・成田・広島と、沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザの6ホテル。今後営業開始するANAクラウンプラザホテルについても、随時取り入れていく予定だ。

 「Sleep Advantage」とは、快眠コンサルタント・岩田アリチカ氏を迎えて作成した睡眠改善学に基づくプログラム。"就寝前のリラックス"、"夜と朝のメリハリ"、"良好な睡眠環境"に着目し、現代人の睡眠環境や習慣を改善することでより快適な睡眠を目指す。また2007年秋より、導入予定だったホテルの宿泊客約900名を対象にした睡眠に関する調査を実施しており、ホテルでの睡眠に関する宿泊者ニーズも同プログラムに組み込んだ。

 同プログラムでは、3種類の客室アメニティや快眠のポイントを載せたオリジナル小冊子、好みで選べるピローやアロマオイルなどを用意。宿泊者は、これらのサービスを無料で受けることができる。客室アメニティは、約40℃の温熱が気持ちいいアイウォーマーと入浴剤、夜・朝用に分かれたお茶を提供していく。オーガニック原料を使用したアロマオイルは、オリジナルアロマディフューザーで楽しむことが可能だ。なお、ディフューザーは持ち帰りもできる。

 今回のプログラム導入について同社広報担当は、「Sleep Advantageは、枕などの寝具にこだわるだけでなく、温熱や香りなど睡眠に関して複合的なアプローチを行っているのが特長です。お客様に快適な睡眠を味わっていただいて、さわやかな朝を迎えていただければと思います」と語る。同プログラムは導入ホテルの全宿泊プランで無料にて利用可能だ。



 楽しそう。

 私も快眠に憧れてあれこれ試しはしましたが、結局何も身にならなかったですからね…。ただ宿泊しただけなのにこのサービスはかなり嬉しいのでは。アロマとかって案外面倒で実践できないもんですよ。

 哲学とか弁護士とかの訳のわからない講義って何であんなに眠くなるんでしょうかね。あの眠くなる力を利用した睡眠導入ツールみたいのはないものでしょうかね。

関連
医学処:睡眠不足が日本経済にもたらす損害は年間3兆を超える。
医学処:どうしても眠れなかったら、病院へ行こう


広告
posted by さじ at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。