2008年06月12日

岡山大学薬学部でアジ化ナトリウム入りのコーヒーを飲んで入院

コーヒーに毒物、教授入院=岡山大研究室でアジ化ナトリウム

 岡山大薬学部の研究室で5月、50代の男性教授が毒物のアジ化ナトリウムを入れられたコーヒーを飲み入院していたことが9日、分かった。

 同大が同日、記者会見し明らかにした。県警岡山西署は、傷害事件などの可能性もあるとみて捜査している。

 同大によると、5月20日午前7時20分ごろ、薬学部研究室で、男性教授が意識がもうろうとした状態で床にしゃがみ込んでいるのを大学院生が発見。教授が直前に飲んだコーヒーの味の異常を訴えたため、救急隊員が県警に通報した。



 教授かー。

 じゃあ権力がらみですかね。当然ながら身内の犯行によるものが疑われます。

 なんか前にも同じような事件があったような?

関連
医学処:患者に防腐剤を飲ませた浦安市川市民病院
医学処:中学生♀が担任のなめこ汁に抗うつ剤を混入する


広告
posted by さじ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。